デジカメをいつもポケットに入れて…日常写真のペッタン日記です。 ★写真はクリックで大きくして見て下さいね!
カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

emiemi♪

Author:emiemi♪
(乙女座)
Family
(・Θ・)父豚(山羊座)
(・Θ・)子豚1号♀20歳(射手座)
(・Θ・)子豚2号♂15歳(山羊座)

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
ブログ内検索

PICT4507-s.jpg PICT4508-s.jpg

昨日はあんなに良いお天気だったのに今日は又雨…
最近はずっとお天気が安定しないので、気象病なんていう名前の病気があるらしいです
我が家の子豚2号も「あたまがいたい」と言ってから帰って来たので、薬を飲ませて早目に寝かせました
ひどくならないといいのですが…。

写真は昨日両親とお散歩したお寺の境内に咲いていたお花です
左:オキザリス 右:白山吹
他にも沢山咲いていました
冷たい雨さえ降らなければ、お花がいっぱいのいい季節ですね
スポンサーサイト
PICT4501-s.jpg PICT4516-s.jpg PICT4522-s.jpg

親戚の伯母さんから大きな筍が送られて来たので、寸胴で茹でて実家へお裾分けを持って行きました
一緒に食事に連れて行って貰ったのですが、4月14日が父の誕生日だったのでお店からデザートのサービスがありました
左の写真黒蜜きな粉味のパフェ越しにおじいちゃんの顔が見えます

家に帰ってから筍尽くしの晩ご飯を作りました
父豚が甘味噌を塗って作ってくれた筍の焼き物と、私が作った筍ご飯


みんな動かないで~
右側から順番に…
ピーチメルバ&ココナッツグローブ
ストロベリーソルベ&ポッピングシャワー
ストロベリー何ちゃらチーズケーキ&キャラメルプラリネチーズケーキ
ハイ、チズッ
よし食べていいよ


上の階の小母さんからの中国土産です。
ドライトマトと言うので、お料理に入れる乾物かと思ったら、甘くておやつのドライフルーツみたいです
PICT4493-s.jpg PICT4490-s.jpg

来週は私の父が誕生日なので、今日はを買って子豚2号と一緒に実家へ行って来ました
前回は緑ラインのモノレールでしたが、今回も青ラインの新型モノレールに乗る事が出来て2号は大満足です
右の写真は2号がパチリした物です
PICT4469-s.jpg PICT4484-s.jpg PICT4487-s.jpg PICT4477-s.jpg

今日はダイエー木曜の市
毎日お弁当に必ず卵料理を入れるので冷蔵庫の中に常備して置くのですが、今週は小学校のお給食が未だ始まらず、子豚2号の分も合わせてお弁当を3つ作らねばならなかったので卵がスッカラカンになっていました
今日は仕事が休みだったので早起きしてお弁当作り&洗濯を済ませ、1パック¥98の卵を買う為に開店時間の9時に買物へ行きました
コロッケも安かったので買おうと思ったのですが、大勢が集っているのでコロッケを挟むトングが1本も無い
困っていると右隣の奥さんが「ど」と言って貸して下さいました
コロッケを詰め終えてパックを閉じようとしたら、今度は輪ゴムが無い
すると左隣の小父さんが無言で緑色の輪ゴムを2本取ってくれました
小っちゃな事ですが、他所様のご親切とは嬉しいものです
自分がされて嬉しい事は他人にもして差し上げよう、とつくづく思った気持ちの良い朝でした
そしてお目当ての卵は当然 “お1人様1パックまで” なので、混雑の中を3回レジに並びました
家庭の主婦は子豚達を飢えさせない為に苦労して頑張ってるんですメシクレブヒブヒ

そんな気持ちの良い日に撮ったお花をペッタン


今日から吉野家の牛丼が¥270
未だ給食が始まらない子豚2号とお昼に一緒に食べようと、午前中にスーパーで買物を済ませた後吉野家に寄りました
丁度お昼時という事もあってか、店内は凄い混雑でテイクアウトも行列です。
冷凍食品を沢山買っていたので暖かい店内に持ち込むのもどうかと思い、中から見える位置に停めた自転車の前カゴに買物袋を入れたまま『つゆだく並2つ』を注文して待ちました
10分もしないで牛丼を提げて出て来ると、自転車から大きな真っ黒いカラスが飛び立って行くところでした
そしてビニール袋の一番上に入れてあった牛肉のパックが、カラスの嘴に突付かれて空っぽになっていました
ザーザー降り出した雨にびしょ濡れになりながら、とっても悲しい気持ちで帰って来ました
// HOME //